FANDOM


テンプレート:コンピュータゲームの新製品

第2次スーパーロボット大戦OG
ジャンル シミュレーションRPG
ゲーム
対応機種 プレイステーション3
開発元 トーセテンプレート:要出典
発売元 バンダイナムコゲームス
(バンプレストレーベル)
キャラクターデザイン 河野さち子糸井美帆
メカニックデザイン カトキハジメ土屋英寛大輪充谷口欣孝
青木健太宮武一貴斉藤和衛小野聖二
メディア 通常版:BD-ROM1枚
限定版:BD-ROM5枚組
プレイ人数 1人
発売日 発売日未定
販売価格 通常版:8,379円(税込)
限定版(COMPLETE BD BOX):41,790円(税込)
レイティング CERO B
テンプレート使用方法 ノート

第2次スーパーロボット大戦OG』(だいにじスーパーロボットたいせんオージー)は、バンダイナムコゲームズが発売予定のプレイステーション3用ゲームソフト。略称は『第2次OG』。

概要 編集

スーパーロボット大戦シリーズの1つで、同シリーズやその関連作品に登場するオリジナルキャラクターのみで構成されるOG(ORIGINAL GENERATION)シリーズの作品。OGシリーズのエピソード3だが、タイトルは『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION3』ではない。これは『スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS[1]』を「第1次」、その続編である本作を「第2次」とカウントしているためである[2]。ただし、シナリオ自体はその間のエピソード2.5を描いた『スーパーロボット大戦OG外伝』からの続きとなっている。

シリーズ初のPS3専用作品ということで画面の解像度が従来より上がり、HD画質になっている。また戦闘アニメーションにおいて、従来ではユニットと背景が共に2Dで描かれていたが、本作は背景が3Dで描かれるようになり[3]、必殺技では特に視点がダイナミックに動くようになった。なお、『OGS』『OG外伝』から登場するロボットも本作で高解像度用にブラッシュアップされ、戦闘アニメーションも一部新規で追加されている。

新たに『スーパーロボット大戦D』『リアルロボットレジメント』、また前作『OG外伝』ではゲスト出演に留まった『スーパーロボット大戦MX』のキャラクターやメカニックが本格的に登場することが発表されている。その他にも、本作が初登場となるオリジナルロボットも多数出演予定。

当初2011年9月29日発売予定とされていたが、同年7月12日に無期限の発売延期が発表された[4]

限定版 編集

限定版の『第2次スーパーロボット大戦OG COMPLETE BD BOX』(だいにじスーパーロボットたいせんオージー コンプリート ビーディー ボックス)にはゲーム本編の他にテレビアニメスーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター-』全26話を完全収録したブルーレイ・ディスクBOXが付属する。パッケージはアニメ版のキャラクターデザインを担当した江端里沙による描き下ろし。

テレビアニメの全話セットのブルーレイディスクがゲームに付属するのは史上初。『ジ・インスペクター』のストーリーは本作の前日譚にあたるため、ストーリーを復習することも出来る。

パッケージ登場機体 編集

出典・脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

外部リンク 編集

テンプレート:Video-game-stubzh:第2次超級機器人大戰OG