FANDOM


スーパーロボット大戦Scramble Commander
ジャンル リアルタイムストラテジー
対応機種 プレイステーション2
開発元 ベック
発売元 バンプレスト
人数 1人
メディア DVD-ROM
発売日 2003年11月6日
価格 7800円(税別)
対象年齢 全年齢
売上本数

約15万本[1]

20万本(出荷本数[2]
  

スーパーロボット大戦Scramble Commander』(スーパーロボットたいせん スクランブルコマンダー)とは、バンプレストが発売したリアルタイムストラテジー。

概要編集

SDにデフォルメされたロボットたちが競演するクロスオーバー作品スーパーロボット大戦シリーズ」の一つ。シリーズ内シリーズであるScramble Commanderシリーズの1作目にあたる。ベックの開発した『ジオニックフロント』をベースに従来のシミュレーションRPGではなくリアルタイムシミュレーションとして開発された[3]。タイトルロゴのカラーは通常は金色だが、この作品は「いつものスパロボとは違うため」という理由で銀色となっている[4][3](ロゴが銀色なのは、『新スーパーロボット大戦』と本作のみ)。

今までのシリーズ作品とは異なり、登場するロボットはSDではなくリアルサイズの3DCGで表現される。ただしロボット間のサイズ差は厳密ではなく、プレイ時に違和感が無いようにある程度補正されている[5]。オープニングデモは東京都内各地でロケーションが行われ[6]、町中で戦うスーパーロボットがリアルなCGで表現された。

シリーズでは恒例となっているオリジナル主人公は存在しないが、司令官を務める『新世紀エヴァンゲリオン』の葛城ミサトの登場頻度が高く、実質的に主人公扱いされている[7](後述のとおりCMナレーションもミサト役の三石琴乃が担当)。

従来のシステムを取り入れるなど変更点を多く導入した続編『スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd』が2007年11月1日に発売された。

ストーリー編集

人類が宇宙に進出して半世紀以上が過ぎた頃。地球連邦軍とジオン公国軍による「一年戦争」と呼ばれる史上最大の戦争が勃発、地球連邦軍の勝利によって終結したものの、アースノイドとスペースノイドの確執は深まるばかりだった。

地球連邦軍は特殊私兵部隊「ティターンズ」を結成、前大戦のジオン残党の掃討・弾圧にあたらせていた。また、彼らとスペースノイドの台頭を恐れたロームフェラ財団は私兵集団「OZ」を結成。地球連邦軍の支配を画策する。

この事態に、連邦軍の有志達は反地球連邦組織「エゥーゴ」やその支援組織「カラバ」を結成。地球圏は再び戦火に包まれるかと思われたが……このタイミングで、全く新たな勢力が独自に地球侵攻を開始した。

人間以外の知的生命体たち――地下勢力「ミケーネ帝国」や「恐竜帝国」、「妖魔帝国」。外宇宙の異星人「キャンベル軍」と「ムゲ・ゾルバドス帝国軍」。そして謎多き攻撃者「使徒」――の侵攻に、人間達は牽制しあいながらも立ち向かい、日本各地のスーパーロボット達の活躍も相まって、戦争は膠着状態に陥る。

しかし、そんな彼らの前に現れたのは、強大な力を発揮する巨大構造物「ソーディアン」であった。その強大な力を我が物にせんとする各勢力は再び行動を開始する。

ここに、再び戦いの火蓋は切られるのであった……。

特機部隊組織名編集

主役ロボット達が所属する組織名は「特務部隊SEATH(シース)」。意味は「鞘」で、剣(ソーディアン)を鞘(シース)が収めるというところから来ている。一部の作品では自分の好きなように組織名を変えられるが、本作品では不可能となっている。

登場作品編集

本作では今まで以上にシステム重視で登場作品が選ばれている[3]。これまでのシリーズでの登場回数が多く、なじみの深い作品が主に選ばれた[3]。また、地上戦メインということで、直近で登場していない『新世紀エヴァンゲリオン』も選ばれている[8]

『新機動戦記ガンダムW』のストーリーを採用し、ヒイロ・ユイの機体のみを『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』から拝借している。

登場ロボット/(メイン)パイロット編集

システム編集

戦闘は1〜4機の小隊で行われ、プレイヤーは司令官となり各ロボットに直接指示を出す。従来のように武器を直接指定することはなく、攻撃目標や戦術を指定してそれを見守る形になるため、ロボットを駒として割り切り戦場全体を見渡して指示を出す必要がある。

  • 戦闘はリアルタイムで行われ、状況に応じてユニットごとに作戦を変更しながらクリア条件達成を目指す。
  • ブリーフィングフェイズが戦闘前にある。強化パーツの購入やユニットの改造、マップへの配置などが出来る。

スタッフ 編集

プロデューサー
寺田貴信
五十嵐恒三
じっぱひとからげ
菊池博
ディレクター
岸武彦
脚本
岸武彦
山崎論
千住京太郎

クリア特典編集

テンプレート:ネタバレ

Hard Mode
一度、通常のゲームをクリアすると出現する。具体的には敵のHPと攻撃力が1,2倍、攻撃の硬直が半分になる。通常より更に高度な戦略が要求される。
Trial Mode
Hard Modeをクリアすると出現する。ゲーム中に登場したほぼ全ての敵が出現する(サキエル、シャムシェル、ゼルエル、アプサラス、無敵戦艦ダイは登場しない)。マップは独自のものを使用し、全ユニットを使用可能。また、Hard Modeのクリアデータでの改造段階やパイロットの能力が使用できる。
Extra
Robot Viewer
ゲーム中に登場したユニットのモデルを鑑賞できる。攻撃モーションも再現できる。
Sound Select
ゲーム中で使われたBGMを全て鑑賞できる。
その他
シリーズではお馴染みの改造引継ぎ&二周目プレイだが、本作には二周目は存在せず、改造引継ぎも先述の通りHard ModeからTrial Modeへしか出来ない(しかもTrial Modeで再び改造できるわけではない)。

テンプレート:ネタバレ終了

CM編集

CMナレーションには『ゲッターロボ』の流竜馬などを演じた神谷明と『新世紀エヴァンゲリオン』の葛城ミサト役の三石琴乃の2人のものと、中田譲治茉樹代の2人が担当したものがある。

CMソングは、茉樹代の歌う『NEGAI』。

関連商品 編集

攻略本 編集

  • スーパーロボット大戦Scramble Commander 完全解析ファイル ISBN 9784575164091
  • スーパーロボット大戦Scramble Commander ザ・コンプリートガイド ISBN 9784840225816
  • スーパーロボット大戦Scramble Commander パーフェクトファイル ISBN 9784047071391
  • スーパーロボット大戦Scramble Commander Aggressive Tactics Report 攻勢戦術報告書 ISBN 9784087792676
  • スーパーロボット大戦Scramble Commander 完全攻略ガイド ISBN 9784063396881
  • スーパーロボット大戦Scramble Commander パーフェクトガイド ISBN 9784797325829

コミック 編集

  • スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー アンソロジー戦線 ISBN 9784575938784
  • スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー 4コマ戦線 ISBN 9784575938753

脚注編集