FANDOM


スーパーロボット大戦F
スーパーロボット大戦F完結編
ジャンル シミュレーションRPG
対応機種 セガサターン
プレイステーション
開発元 ウィンキーソフト
発売元 バンプレスト
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 1997年9月25日(SS版)
1998年4月23日(SS版F完結編)
1998年12月10日(PS版)
1999年4月15日(PS版F完結編)
2000年12月7日(PS版F・PS版F完結編共にBest版)
価格 6800円
2800円(Best版(PS版のみ))
対象年齢 なし
売上本数 約110万本(SS版F/F完結編総合[1]
55万本(SS版F、出荷本数[2]
55万本(SS版F完結編、出荷本数[2]
約60万本(PS版F/F完結編総合[1]
30万本(PS版F、出荷本数[2]
30万本(PS版F完結編、出荷本数[2]
  

スーパーロボット大戦F』(スーパーロボットたいせんエフ)、『スーパーロボット大戦F完結編』(スーパーロボットたいせんエフかんけつへん)(以後『F』『F完結編』)は、バンプレストから発売されたシミュレーションRPG

概要編集

SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品スーパーロボット大戦シリーズ」の一つ。シリーズ内シリーズであるDC戦争シリーズの第4作目にして最終作となった『第4次スーパーロボット大戦』(以後『第4次』)のリメイク作品である。しかし参戦作品が多数入れ替えられたことやシナリオにかなりの手直しが入っているため、実質上は新規作品に近い。タイトルのFの文字は『第4次』のリメイクを意味するFourthと『第4次』の次に出たことから『第5次』を意味するFifth、第2次から始まったシリーズの完結編を意味するFinalの頭文字とされる[3]

もともとは『第4次プラス』という『第4次』の簡単なリメイクの予定であったが、キャラクターの追加などで規模が大きくなったため、平行して企画されていた『新スーパーロボット大戦』、『スーパーロボット大戦外伝 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』の続編の制作が中止になった[4]。さらには『F』の制作が大幅に遅れたことから、シリーズ完結は『F完結編』に持ち越されることになった。『F』のクリアデータは『F完結編』でそのまま使用可能である[5]

本作では、直前に発売された『新スーパーロボット大戦』同様、戦闘シーンはフルボイスとなっている。一部キャラクターに代役が立てられた『新スーパーロボット大戦』とは異なり、ほぼ全てのキャラクターにオリジナルキャストが起用された[6]。そのため『聖戦士ダンバイン』のガラリアのように、『第4次』で登場しながらもオリジナルキャストが起用できないために登場しない、あるいは戦闘に参加しない人物も存在する。『聖戦士ダンバイン』のトッド・ギネス役の逢坂秀実は探し出すのに半年かかっている[7]。また、特定のパイロット同士で発生する特殊台詞やマップ上でイベント時に音声が流れる「DVE(ドラマチック・ボイス・イベント)」、キャラクター辞典で音声が聞ける「ひとことモード」など音声による演出が強化されている。

『第4次』とは違い、『スーパーロボット大戦EX』(以後『EX』)までに死亡したボスキャラクターの一部が復活して登場するのも特徴の一つ。オリジナルイベントが『第4次』よりも強化されており、『新世紀エヴァンゲリオン』の監督である庵野秀明のオファーによる『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のブライト・ノア碇シンジを修正するイベントや、ATフィールドはEVAシリーズ以外のロボットの必殺技でも貫けるという設定もある[7]

プレイステーション版編集

セガサターン版(以降、SS版)の発売からほぼ1年後にプレイステーションにも移植された。SS版における『F』から『F完結編』への変更点が、移植時に『F完結編』仕様で統一されている。

PS本体のCD-ROM読み込み速度がSSに比べて遅いため、ロード時間は長めになっている(なお、プレイステーション2の高速読み込み機能を使ってプレイすれば、ロード時間はある程度短縮される)。内蔵音源の性能の違いによりBGMが多少変化している。内蔵時計が無いため、『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物が祝福してくれる誕生日イベントは無くなった。また、全滅プレイの仕様が変更になり、マップ上でのセーブが可能なタイミングはシナリオ開始直後のみになっている。

PS版発売時には初期シリーズのデータベースソフト『全スーパーロボット大戦 電視大百科』が発売された。発売時に前作のSFCソフトが入手困難になっていたための措置である。またPS版の『F』・『F完結編』と揃えることで、復刻版超合金マジンガーZのプレゼントキャンペーンに応募することが出来た[8]

あらすじ編集

インスペクター事件(『第3次スーパーロボット大戦』(以後『第3次』))から4ヶ月が経過。スペースコロニーに経済制裁をかけ、圧制を強いていた地球連邦政府に反発し、スペースノイドの独立の掲げたDC残党らのテロ活動も活発化していた。それに対し連邦軍のジャミトフ・ハイマン准将は、元DCのメンバーを中心とした特殊部隊ティターンズを結成。治安維持やDC残党狩りを名目に軍内部での発言力を次第に強めていった。

一方でロンド・ベル隊はラ・ギアス事件(『EX』)での長期不在の責任を問われ、大幅に規模が縮小されていた。責任者のブライト・ノア大佐は転属処分となり、クワトロ・バジーナ大尉は消息不明。民間の協力者である兜甲児、ゲッターチーム、破嵐万丈達も隊を離れ、ジョン・コーウェン中将の力添えでなんとか解散が免れている状態だった。

緊迫する情勢の中、ペンタゴナ・ワールドの支配者オルドナ・ポセイダルが、大使暗殺を理由とし地球圏に宣戦布告。頻発するテロ活動や、ハマーン・カーンにより再興したDCに手を焼く連邦軍は、ポセイダル軍に対し十分に対応できず、地球圏は未曾有の混乱に陥ってしまう。時を同じくして正体不明の謎の敵・使徒が出現。連邦政府直属の特務機関ネルフは、使徒を殲滅するために独自に動き出す。

頻発する謎の事件。再び現れた外宇宙からの侵略者。使徒の襲来と、その裏で進行する謎の計画。地球圏最大の危機の前に、ロンド・ベル隊の最後の戦いFINAL OPERATIONがここに始まる。

参戦作品編集

一覧編集

★マークはシリーズ初参戦作品、☆マークは本作でDC戦争シリーズに編入した作品、Vマークは音声付きの作品に初参戦。

解説編集

新規参戦は『新世紀エヴァンゲリオン』、『伝説巨神イデオン』、『トップをねらえ!』の3作品。また、参戦作品に表記されてないが『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』からウイングゼロカスタムトールギスIIIが登場。マジンカイザーのデビュー作でもある。

これらの作品と引き換えに、『第4次』で参戦していた『UFOロボ グレンダイザー』、『勇者ライディーン』、『闘将ダイモス』、『無敵超人ザンボット3』の4作品は参戦を見送られた。特に『UFOロボ グレンダイザー』、『勇者ライディーン』は『第3次』や『EX』で登場したにも関わらず、存在に触れられていない[9]

完結が『F完結編』に持ち越された影響で、『伝説巨神イデオン』、『トップをねらえ!』は『F完結編』からの参戦となった。この他、『グレートマジンガー』、『機動戦士ガンダムZZ』、『機動戦士ガンダムF91』、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、『無敵鋼人ダイターン3』も『F完結編』まで主役級ユニットが登場しない。

『新世紀エヴァンゲリオン』、『伝説巨神イデオン』における悲劇的な結末は本作のシナリオでは回避されている。ただし、『新世紀エヴァンゲリオン』はルート選択によって、『伝説巨神イデオン』はイデを暴走させることによって特殊なエンディングを迎えられる。また、SS版では登録された誕生日にゲームを起動すると、『新世紀エヴァンゲリオン』のキャラクターたちが現れ、最終回のラストシーンのようにプレイヤーを祝福してくれる。

アートワーク登場機体 編集

システム編集

ここでは、本作特有のシステムや新規追加・変更されたシステムについて解説する。シリーズ共通のシステムについてはスーパーロボット大戦のシステムを参照。

ゲームシステムは『第4次』のものをベースに、『スーパーロボット大戦外伝 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』(以降『LOE』)で導入された要素の一部を導入している。特に修理装置・補給装置でも経験値が入るようになったことで、メタスやボスボロットなどのサポート機体を活用してパイロットを育てやすくなり、ゲーム中の重要度が大きく増した。本作以後も修理・補給経験値システムは綿々と継承され続けている。また、「MAPクリア後の残り精神ポイント×2」が経験値として手に入る仕組みも『LOE』に引き続き採用されたが、本作以降のシリーズ作品では採用されていない。

基地攻略などの一部シナリオでは前・後編シナリオが採用され、前編に出撃したキャラは後編で気力が著しく低下する要素が組み込まれた。ただし前編をクリアした時点で気力が100以下なら気力低下は起きない。以降のシリーズでは前後編のシナリオであっても気力低下の要素はなくなった。

『F』ではユニット改造・武器改造が共に5段階止まり。『F完結編』ではシナリオが終盤近くまで進むと『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のアストナージ・メドッソの加入により10段階までの改造が可能になる。全項目を10段階改造後には更に資金を投入することで、ボーナス性能を追加させることも可能。武器改造は一括ではなく武器ごとに個別改造する。攻撃力によって4タイプの改造費用テーブルに分けられている。また特定の武器を10段階改造することで追加武器が手に入る。

従来は一律2個だった強化パーツのスロット数が、ユニット性能によって1から4個と初めて差別化された。貧弱なサポートユニットほど多くのパーツが付けられる恩典により、能力底上げも可能になった。

原作またはゲーム内設定で恋愛関係にあるパイロット同士(例:『マジンガーZ』の兜甲児と弓さやか)が2マス以内に近づくと、そのパイロットに若干の攻撃力&防御力UP補正が付く隠し要素「パートナー補正(仮称)」が、シリーズを通じ初めて実装されていた[10]。しかしメーカーからの公式発表もなく、当時のゲーム情報誌や攻略本等でも紹介されておらず、効果もゲーム画面上で数値や文字情報、演出として視認できなかった。この反省を踏まえ、後の『スーパーロボット大戦64』では画面上で効果が明瞭に描かれるように修正された。

特殊システム編集

イデ・システム(『伝説巨神イデオン』)
イデオンを体現するシステム。原作と同じくイデの状態がゲージで表示され、戦闘することで上昇し、イデオンガンやイデオンソードの使用が可能になる。MAP兵器のイデオンソードやイデオンガンの使用、敵の撃墜、ソロシップへの着艦などで減少。また、シナリオ中のイベントでもイデの状態は変わる。
ゲージは7段階で表示されるが、最高レベルの7はイベント専用のため、実質6段階である。6段階以上になると、一定確率でパイロットが「イデ」となり、プレイヤーの制御を離れて敵味方見境無く攻撃を仕掛ける。この状態が数ターン続くか、イデオンが撃墜されると「イデ」が発動して原作の結末を再現したゲームオーバーとなる。
エヴァンゲリオンの特殊システム
『新世紀エヴァンゲリオン』のユニットが持つ特殊なシステム。
アンビリカルケーブル
エヴァンゲリオンに電源を供給しているケーブル。電源施設のあるMAPでは電源施設、無いMAPでは母艦と接続して電源供給を受ける。ケーブルが切れない限り、エヴァンゲリオンはターン開始時にENが最大まで回復する。範囲は接続される側から10マスまでで、それ以上の移動は一度ケーブルを「切断」コマンドで切断し、電源施設か母艦に隣接して再度「接続」し直す必要がある。
エヴァンゲリオンに対しクリティカルヒットが出た場合はケーブルが断線し、強制的に接続は解除される。ケーブルを切断(および断線)すると3ターン以内に再接続を行わない限り撃墜扱いとなる。
なお、第14使徒ゼルエル捕食後のエヴァ初号機は、アンビリカルケーブルの制約を受けず、ターン開始時にENが回復する。
暴走
エヴァ初号機のみが持つ能力。初号機が撃墜されると原作同様暴走状態となり、パイロットがシンジからダミープラグとなる。暴走中はイデゲージ最大のイデオンと同じくプレイヤーの制御を離れ、敵味方に関係なく攻撃する。初号機が残ったままMAPをクリアした場合でも、撃墜扱いとなり修理費がかかる。
暴走の回数が5回以上かつ一定の条件を満たすと、上記の特殊なエンディングへと進む。
ATフィールド
エヴァンゲリオンと使徒が持つ、一定ダメージ以下(本作では4000)の攻撃を無効化するバリア。ほとんどの攻撃に対し高い防御性能を持つが、使徒との接近戦では無効化される。
庵野秀明がバンプレストに提供した設定の通り、エヴァンゲリオンでなくても威力の高い攻撃を仕掛ければ、ATフィールドを破ってダメージを与えられる。
後のシリーズでは「ATフィールド中和」「バリア貫通」属性のある攻撃には無効となっている。
シンクロ率
エヴァンゲリオンのパイロット(ダミープラグ含む)に設定された能力。戦闘中の行動によって上下し、シンクロ率が高いほど、エヴァンゲリオンの能力が向上する。

オリジナルキャラクター&メカニック編集

キャラクター編集

河野さち子が『第4次』の登場キャラクターのデザインリファインを担当したことで、主人公側・ゲスト側共によりセックスアピール面が強調された容姿となっている。ゲーム開始時に主人公・副主人公共に、表示グラフィックを河野デザイン、または湖川デザイン(『第4次』と共通)から選択出来る。

覚える精神コマンドはリアル系・スーパー系の変化のみで主人公・副主人公共に固定であり、『第4次』にあった誕生日や血液型による変化はオミットされている。リアル系は主人公・副主人公共に命中系のコマンドを一切覚えない。

詳細は第4次スーパーロボット大戦バンプレストオリジナルのキャラクター一覧#第4次スーパーロボット大戦、スーパーロボット大戦F/F完結編をそれぞれ参照

メカニック編集

主人公側では『第4次』からゲシュペンストグルンガストのスペックに若干の手が加えられた上、後期主人公機のカラーリング変更ができなくなっている。また機体名に合わせて名称も変更された「グルンガストビーム(グルンガストの部分はプレイヤーがつけた機体名に合わせて変更)」は、戦闘シーンで主人公の音声が入る関係上「ファイナルビーム」で固定されている。

ゲスト側は『第4次』のものに、グレイターキンII、ゼイドラム、ビュードリファー、オーグバリューが追加された。なお、バラン・シュナイルはカラーリングが変更されている。

詳しい設定等についてはゾヴォーグ#機動兵器を参照のこと。

BGM 編集

『第4次』の楽曲を元にハードの進化に伴ったアレンジが加えられている。PS版は、内蔵音源の関係でSS版に比べるとアレンジが大幅に異なる上に、アムロやブライト等の『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の登場キャラクターのテーマや、ゲスト軍のボスキャラクターのテーマ(曲名:Violent Battle)等は、曲自体が別物に差し換えられている。また、サイバスターのテーマがSS版では『LOE』準拠のアレンジになっているが、PS版では『第4次』までのアレンジ準拠となっている。

スタッフ編集

プロデューサー
寺田貴信
監督
阪田雅彦
脚本・演出
阪田雅彦
堀川和良
オリジナルキャラクターデザイン
湖川友謙
オリジナルキャラクターデザインリファイン
河野さち子
オリジナルメカデザイン
大河原邦男
カトキハジメ
石川賢
永井豪
福地仁
宮武一貴
守谷淳一
丸山功一
藤井大誠
寺島慎也
宮豊
かげやま いちこ
山田隆弥

主題歌 編集

イメージソング「熱き血が勇気に」
作詞:渡辺宙明 & ROBONATION青年団
作曲:渡辺宙明
編曲:渡辺宙明、坂本洋
歌:水木一郎

イメージソング「熱き血が勇気に」は作中には使用されておらず、サウンドトラックに収録されている。

CM 編集

PS版のCMは、軍服の司令官(神谷明)が新人のスーパーロボットのパイロット(千葉れみ)にコーチするというものだった。

関連商品 編集

コミック 編集

  • コミックボンボン』において98年3月号から6月号にかけて本作のコミカライズ『スーパーロボット大戦Fリアルストーリー』(作:おーくらやすひろ)が連載された。編集長交代の煽りを受け、4話で打ち切られている。第3話からは番外編的な内容となっており、タイトル通りの「リアルストーリー」が展開されたのは2話のみ。
  • またこれに前後してよしむらひでお、冬凪れくらによるギャグアンソロジーコミックも連載されたが、これらの作品は単行本化されていない。こちらも編集長交代時にページ数が半減している。

ムック 編集

攻略本 編集

CD 編集

  • スーパーロボット大戦F オリジナルサウンドトラック&アレンジアルバム
  • スーパーロボット大戦F完結編 ヴォーカル&アレンジコレクション GOLD
  • スーパーロボット大戦F完結編 アレンジコレクション SILVER
  • スーパーロボット大戦 鋼のコクピット

上記の他に原作テーマ曲のボーカルコレクションが発売されている。

  • スーパーロボット大戦 ボーカルコレクション ROBONATION1
  • スーパーロボット大戦 ボーカルコレクション2

ビデオ 編集

  • スーパーロボット大戦F キャラクター解剖ビデオ

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 テンプレート:Cite book
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 テンプレート:Cite book
  3. テンプレート:Cite book
  4. テンプレート:Cite book
  5. 『聖戦士ダンバイン』のトッド・ギネスや『機動戦士Ζガンダム』のハマーン・カーンの説得など『F』から引き続きプレイすることでしか見られないイベントもある。
  6. 『機動戦士ガンダム』のマッシュと『聖戦士ダンバイン』のダーのみ代役声優が起用されている。
  7. 7.0 7.1 テンプレート:Cite book
  8. テンプレート:Cite book
  9. 後のαシリーズでも似たような事例はあるが、「別の場所で戦っている」「今は平和に暮らしている」などのフォローが入っている。
  10. テンプレート:Cite book