FANDOM


テンプレート:独自研究 スーパーロボット (Super robot)とは、アニメ特撮ゲームなどに登場する、架空のロボットの分類のひとつで、ヒーロー的なロボットの総称。超科学的な巨大人型ロボットとして描かれることが多い。『マジンガーZ』がその代表とされる。

対義的な言葉としてリアルロボットがあるが、両者の間に明確な区分があるわけではない。

概要 編集

ヒーロー的ロボットの呼称。具体的には、悪と戦うスーパーヒーロー的に描かれているものを指す。サイズ的には、巨大なロボットの事をこう呼ぶのが一般的である。明確な定義は無いが、以下のような特徴を持ったものが多い。

  • 材質、動力源などに未知の物質、エネルギーなどが使用されている。
  • 10mを越す巨大なものが多い。この“巨大”というものには制限が無く、30m、50mを越すものはざらで、さらには全長数千m級、はては銀河と同規模の大きさを持つ機体等も存在。一方で特撮作品などには等身大のロボットも数多く登場。
  • 戦車、戦闘機など既存の兵器とは比べ物にならない攻撃力と防御力(装甲もしくはバリアーなどによる)を持ち、既存の兵器が歯が立たない敵の機動兵器と単機で互角以上に渡り合える。
    • 逆に言えば、敵に対抗する唯一又は要の存在であるため、撃破されてしまうと味方陣営は敵に対抗する戦力が著しく低下することになる。そのため敵は毎回のように、機体の破壊もしくは奪取、搭乗者の抹殺などを目論む。
  • 機体にはそれぞれ特徴的かつ強力な武装または技が取り付けられており、搭乗者は武装を使用する際にその武器、技名等を叫びながら使用する[1]
  • 搭乗者達の精神力や機体に秘められた超自然的な力等で、スペック以上の力もしくは、尋常ではない力を発揮する。
  • 機体操縦が難しい、製作者の血縁者でないと操縦できない、操縦に一定以上の搭乗者の特殊な力が必要、ロボット自身が持つ意思などによりロボット側が搭乗者を選ぶ等、操縦方法を知っていれば誰でも操縦できるわけではなく、様々な意味で搭乗者を選ぶ機体である場合が多い。
    • なお搭乗者は民間人であることがほとんどであり、機体そのものも軍などとは関係の無い民間の研究所や機関の秘密基地等で管理されていたり、主人公たちが何らかの方法で呼び出すとどこからともなく現れたりする。
  • ロボット自身が意思を持っているかのように自律的に行動を取ることがある。
  • 人間に酷似した顔を持つことがある。その場合表情も変化することがある(歯を食いしばる、搭乗者のセリフに合わせて口パクする等)。
  • その機体の特異性(採算度外視のワンオフもの、異世界や異星、超古代の技術等)ゆえに量産が難しい、またはできない場合が多い。仮に量産したとしても、主人公らの乗っているオリジナル機または新型機ほどの性能(および活躍)は発揮できない。

等の、概ねその物語世界に置けるヒーローや救世主、人知を越えた力をロボットという形に具現化した存在と考えて差し支えない。昨今は制作者側の哲学的な思想や、宗教観を背景にしたものもロボット、もしくはロボット的な存在として描写される事もある。

ただしあくまで概念的なものであり、例外も存在する。

なお、スーパーロボット大戦シリーズのプロデューサーである寺田貴信はスーパーロボットとリアルロボットの境目を「説明できるエネルギーで動いているか」であると語った事がある[2]

歴史 編集

スーパーロボットという言葉自体は古くから存在していた。例として、1963年に連載開始された『8マン』で8マンがスーパーロボットと呼ばれていたことや、1968年に放送された『ウルトラセブン』第14・15話において登場したロボット・キングジョーが「ペダン星人のスーパーロボット」と呼ばれていたことなどが挙げられる。『8マン』同様の等身大サイズのロボットは多くは特撮もので見られる事が多い。

スーパーロボット/リアルロボットという種別の区分概念として使用されたのは、テレビゲームスーパーロボット大戦』が最初である。これは「マジンガーZ」の主題歌の歌詞から取られたと言われているが定かではない。そもそもこれらの言葉も、元はアメリカのコミック作品「スーパーマン」の影響があり、「スーパーカー」という言葉に代表されるように、極めて顕著に強力な存在を表現する際、和製英語的に「スーパー-」という表現は一般的に日本語で行われていたものである。

『スーパーロボット大戦』においてマジンガーZなどのヒーロー的ロボットはスーパーロボットと呼称され、軍や企業に所属する軍事的兵器の意味合いを持つロボット(『機動戦士ガンダム』のモビルスーツに代表されるような兵器型ロボット)はリアルロボットと呼称される。

本概念の先駆けとなった作品は、横山光輝の『鉄人28号』とされており、この作品は日本における巨大ロボット作品すべての原点ともいえる。初出の漫画作品では鉄人28号は、大日本帝国が起死回生を狙って製造した決戦兵器で、鉄人を操るリモコンの争奪戦、リモコンの使用者によっては正義にも悪にもなった。後にアニメ作品などが製作されるにあたり、いわゆる「正義の味方の主人公の相棒」という設定が前面に出され、スーパーロボット的作風が確立した経緯を持っている。

後に、永井豪原作の『マジンガーZ』の登場により、巨大ロボットに人間が乗り込むという手法が確立し、この作品の登場によって主人公とロボットの一体感、擬人化がなされた。そのほか、超兵器の装備、新兵器を追加してパワーアップを図る等、ロボットアニメの様々な基本フォーマットが『マジンガーZ』により確立されている。これらの設定によって今日のスーパーロボットの形の基礎が出来上がった。

『マジンガーZ』以外のスーパーロボットの代表的な作品として、合体システムを確立した『ゲッターロボ』・変形システムを確立した『勇者ライディーン』などが挙げられる。

『機動戦士ガンダム』の登場まで、ロボットアニメといえばスーパーロボットものを指していたと言ってもよい。

スーパーロボットの種類 編集

一言にスーパーロボットといっても、その機能形態は、背景となるストーリー設定で様々である。

玩具会社がスポンサーになっている場合、玩具として面白い作品になるよう設定されている場合が多い。 以下に、製作上の特徴的観点から区分してみる。

等身大型 編集

人間と同サイズのアンドロイド系やその他自立型思考を持つ等身大ロボット。操縦者は一人または存在しないケースも多い。その大きさのためにスーパーロボットのカテゴリに加えられていない事が多いが作中ではスーパーロボット等の呼称がされている事もある。後述の他項目の特徴を共有するケースも多い。

など。

無変形型 編集

人が乗り込んで操縦する元祖系。操縦者は一人または複数。

合体型 編集

複数のメカが合体して、1体のロボットになる形態のものである。複数のメカが合体するもの、複数のロボットが合体するものなどがある。 また、変形できるものも多い。

など。

変形型 編集

変形機能を持つもの。基本形態がロボット型のものと、そうでないものがある。

など。

無線操縦型 編集

主人公が間接操縦を行う形態のもの。

など。

アタッチメント型 編集

コアとなるメカ、ロボットにオプションパーツを追加して顕著に強化していく形態のもの。

など。

自律型 編集

自ら人間と同様の意志を持つロボット。種類は様々で、自動車などの乗り物に生命体が融合し、ロボットのような形に変形するものや、AIが自我を持ち、言葉や自ら行動ができるようになるロボットもいる。その中でも『トランスフォーマー』や『マシンロボ』のように最初からロボットの姿をしている無機質生命体も存在する。

など。

脚注 編集

  1. 音声認識システムが搭載されていると説明される場合もある。
  2. スパロボOGネットラジオ うますぎWAVE』第151回より。
  3. シリーズ後半で変形機能を得るが、元は変形しないロボットなのでこの分類とした。
  4. 頭部は分離合体するが、ロボットとしては機械的に合体せず、組体操のように身体を組んで戦う。
  5. 厳密にはロボットではない。
  6. 当初は合体機能は持たないロボットだったが、物語後半からは、改良され合体機能を持つことになった。
  7. 後続の系統に繋がる宇宙刑事シリーズをはじめとするメタルヒーローシリーズにも同様の変型メカは数多く登場する。
ar:آلي خارقzh:超级机器人